サイクルショップに行くメリットって結構ある

サイクルショップに行く時…

皆さんがサイクルショップに行く時はどんな時でしょうか。自転車自体を購入する時はもちろんですが、それ以外だとやっぱりパンクした時ですかね。自転車は立派な乗り物ですし、通勤や通学だけでなく買い物なんかにも利用することが多いと思いますが、乗っている最中にパンクしてしまうとお手上げです。駅周辺ですとたいていサイクルショップがあったりしますから、パンク等のトラブル時には是非ともショップを利用するといいですよ。

パンクする前に行っておこう

パンクする時は走行中とは限りません。自転車置き場に置いてあった自転車を久々に出して乗ろうとした時「…パンクしてる!」なんて経験はありませんか。自転車の空気圧とかって皆さん、気にしています?使っていない自転車ほど空気圧が下がりますし、空気が入っていないタイヤほどスネークバイトを起こしやすくなります。パンクの原因のほとんどが空気圧の低下によるチューブのリム打ちによるものです。サイクルショップで定期的に点検してもらえば、空気圧は常に適正に保てますから、パンクのリスクを減らせます。

サイクルパーツを取り付けよう

自転車を快適にするためにあるのが、サイクルパーツや専用のアクセサリーです。ブレーキシューにもいろいろなグレードがあるし、雨天用のブレーキシューなんかもあるんですよ。サイクルライトひとつ取ってみても、バッテリー式もあればハブダイナモと呼ばれる発電式もあります。ワンタッチで取り付け可能なアクセサリーもあるし、調整が必要なものもあります。部品を選ぶ上でもサイクルショップでは、細かい説明を受けることができます。ショップの対応は非常に柔軟ですから、足を運ぶメリットは大きいと思いますよ。

名古屋の自転車のショップは修理などを依頼した時に質の良いサービスが受けられます。腕の良いスタッフが自転車を修理します。