新車よりもお買い得!ただしサポート体制に注意する!

正規輸入タイプと並行輸入タイプがある

日本で販売されている日本のメーカーの車は、大半が日本で販売されるために製造されています。一部逆輸入品などがありますが、それほど多くありません。新車で購入するときは、購入するお店によってどのタイプの車かがわかります。日本車なら、一般的な日本メーカの系列ディーラーで販売されたものになるでしょう。では外車はどうかです。会社には、正規輸入タイプと並行輸入タイプがあります。正規輸入タイプは、メーカーが日本で販売するために製造した車を販売しています。ハンドルなども日本の道路に合わせてあります。並行輸入では、海外仕様になります。中古では同じように売られていますが、後のサポートなどで異なる可能性があるので注意しないといけません。

新車で購入するより大幅に安く購入できる

新車は、どの車でもそれなりに高くなります。一方、中古は新車より高くはならないでしょう。新古車といわれるタイプは、新しいけども型式が古いなどのタイプです。これでも同タイプの新車よりも値下げされて売られます。会社といえば、税金があるのでどうしても同じタイプの日本車に比べると高くなります。ヨーロッパのメーカーなどでは、そのメーカー独自の機能などもあるので、どうしてもそのメーカーの車に乗りたいと考える人はいます。中古だと、新車でかなり高額の車でも割安に買える可能性があります。新車時の半額ぐらいになれば、何とか買える人もいるでしょう。欲しい人が多いので、さらに売却するときに、それほど査定額が下がりにくいメリットもあります。

ボルボの中古車は全国各地で販売されており、ネットで探すことが出来ます。車種によって異なりますが新車より安く購入することができます。