車検を受ける時に最低限気にしておきたいこと

車検を忘れてしまった場合はどうするか

公道で自分の自動車を走らせている人ならば、必ず所有している自動車を車検に通さなければなりません。車検に通すのは、新車であれば購入した時から3年目、それ以降は2年に一度の車検になります。もし車検を受けなければ、免停になりますので注意が必要です。あるいは50万円以下の罰金刑が発生することもあります。

通常、新車で車を購入した場合はディーラーなどから車検の案内のはがきや電話が来ます。そのため、車検をうっかり忘れるといったことはまずないでしょう。しかし、中古車で買った場合、うっかり車検を忘れている場合は、公道を走ることはできません。この場合は近くの役場に行って仮の免許をもらってくる必要があります。仮の免許は斜めに赤いラインが入ったもので、たいていの人は一度ぐらい見たことはあるでしょう。車検を通し終われば、ナンバープレートを返却しに行きますので、結構面倒くさいと思って間違いないでしょう。

車検は自分でも行うことができる

通常車検を受ける場合は、自分が行きつけのディーラーや町の自動車整備工場に持って行きますが、最近はガソリンスタンドやカー用品店でも車検を受け付けてくれます。また、フランチャイズの車検専用の会社がありますので、そこに持って行ってもよいでしょう。それぞれの違いは整備士の腕の違いや、料金の違いになります。

できるだけ料金を抑えたい場合は、自分で車検行うべきです。自分で行うといっても、自分が車の下に潜り込んで点検するわけではありません。一定の資格を持っている人でないと車検をすることはできませんので、陸運支局に行き、車検を受けることになります。

スピードメニューを設けているお店なら、車検の費用を安く抑えることが可能です。スピードメニューは即日対応が基本となり、軽自動車なら5万円以下の料金で行えます。