そもそも車検制度とは

公道を走るために日本では当たり前にある車検システム。実は世界的にみるとこれほど車検システムがしっかりしている国は数少ないといわれています。そんな日本の車検システムですが、そもそも一体何なのかと疑問を持っている方も多いかもしれません。車検とはつまり自動車検査の略称で、公道を走る為の一定の基準を自動車がクリアしているかどうか検査するシステムの事なんです。だから検査に合格する自動車であれば、実は自分でも車検を受験できるのです。

自動車にはいくつかの税金が課税されていますが、自動車重量税は一般的には車検を受験する際に支払います。また強制加入保険である自賠責保険料も一般的には車検受験時に支払います。車検費用が高いのは、少なくともこの二つの支払いがあるからなのです。

もちろんしっかりと点検整備する必要もあります

自動車検査を受検する際に、自賠責保険料と自動車重量税を支払い、更に受験手数料を支払えば、最寄の陸運局で誰でも車検を受験する事ができます。検査基準に合格していれば晴れて車検に合格した事になり公道を走行する事ができます。ただ、罰則が無いだけで日本の自動車には12ヶ月ごとの法定点検の実施が定められています。これはしっかりとした資格をもった自動車整備士が行う必要があります。またしっかりとした整備メンテナンスをすることで、故障箇所を未然に防ぎ自動車の寿命を長くする事もできます。車検は一般的には1年や2年毎にある検査ですので、定期的な点検をしていない方は特に、車検時にしっかりと自動車工場で愛車の点検を行う事をお勧めします。

広島の車検では修理内容や修理期間、価格などの相談をしたうえで実施してくれるので安心して依頼できます。